古川組 港湾 海岸 河川 杭打 浚渫工事のスペシャリスト

沿革

写真をクリックすると拡大表示します

沿革 沿革 沿革 沿革 沿革
1916年3月 古川五郎平及び鳥海仲次郎兄弟により古川事務所を創設。
沿革
 創業者
 古川五郎平
沿革
 初代社長
 鳥海仲次郎
橋梁、堰堤、給排水路工事等に従事。
1940年5月 富士川発電所塩沢堰堤工事において「古川式潜函工法」の特許取得。
1946年8月 株式会社古川組として法人組織に改組。
河川、港湾工事に進出。
1948年4月 清水市に静岡支店開設。
1958年6月 機械修繕部門として古川工業株式会社設立。 沿革
第二代社長 鳥海孝
第二代社長に鳥海孝就任
1968年8月〜 世界最大といわれた京葉シーバース建設に参加。延長20kmの海底油送管布設。
海外事業に進出。インドネシアの海底配管工事施工。
1975年4月 海底地盤改良工事を開始。
1981年5月 資本金を133,100,000円に増資。
1984年4月 大井川沖海上観測塔工事を施工。
1985年10月 大型地盤改良船「第18古川丸」建造。
1987年 関西新国際空港地盤改良工事。
1988年3月 駿河海岸吉永離岸堤工事(P.B.S工法)を施工。
1989年3月 沖ノ鳥島海洋工事施工。
1989〜1991年 東京湾横断道路基礎工事施工。
1989年〜 横浜みなとみらい21工事施工。
1990年3月 全旋回200t吊起重機船「美保号」建造。
1991〜1996年 臨海副都心工事施工。
1995年8月 古川工業(株)を鳥海工業(株)へ改称し増資と建設業登録。
1995年 全旋回400t吊起重機船「明石号」購入。
1998年5月 第三代社長に鳥海宣隆就任
2006年3月 創業90周年を迎える。
2016年3月 創業100周年を迎える。

トップページ

会社案内

施工実績

船舶 設備

採用情報

リンク