古川組 港湾 海岸 河川 杭打 浚渫工事のスペシャリスト

新着情報

創業90周年行事

日時:平成18年7月1日
場所:勤労者総合福祉センター清水テルサ
創業90周年記念式典及び安全大会
祝賀会

社長メッセージ

このたび、古川五郎平が『古川事務所』として創業の第一歩を踏み出しましてから、九〇周年を迎えることが出来ました。これを機に、日頃御世話になり、格別のご支援を頂いております皆様方に心からの感謝をあらわしたく、この様な祝賀会を催した次第でございます。  公務ご多忙の中、衆議院議員・望月義夫先生をはじめ、静岡市市議会議長・石川久雄先生、静岡労働基準監督署署長・古田敏秀先生他、かくも多数の方々のご光臨を頂きまして、お礼の言葉もございません。  90年という歳月を過ごしてみますと、昭和はじめの不況、第二次世界大戦中の物資の不足、戦後の混乱の時代、東京オリンピック後の不況、平成のデフレ不況と、あんなことがあった、こんなことがあったと沢山の出来事が思い起こされます。・・・・・  ここにお招き致しましたのは、当社に御協力頂いている協力会と、良いお得意様、良いお取引先様でございますが、私共がこの日を迎えることが出来ましたのも、この皆様方の御支援と御協力のたまものでありまして、誠に感謝にたえません。また、本日ご列席の、先輩方や良い番頭さんがいなかったら、今日の古川組は無かったのではないかとも思います。本日幸いにも90周年記念式典を行うことが出来ましたが、さらにこの良き日を契機と致しまして、10年後に100周年のお祝いが出来ますよう頑張っていく所存でございますが昨今の厳しい状況を考えますと、なお一層の御協力を御願いする次第です。  今後とも皆様のご指導、ご鞭撻のほどをお願い申しまして、御挨拶に代えさせて頂きます。

創業90周年記念式典及び安全大会

トピックス 御安全に。
平成18年度安全大会を開催するにあたり、ご挨拶を申し上げます。
当社も創業90周年という一つの区切りを迎え、決意も新たにゼロ災への取り組みを行っていくこととなりますが、建設業全体を見てみますと、平成17年の労働災害の死亡者数は前年に比べて97人減少しています。 これは関係各社の努力の賜物でありますが、それでもこの1年間に497人という尊い命が建設業によって失われているという事実もまたこの業界の現実であります。
また、昨今、テレビを賑わしている耐震偽装マンション事件によって建設業という業界全体のイメージが失墜してしまいました。建設業に携わる全ての人間は「モノづくりをする者」としての誇りをもって日々仕事に臨んでいるものと私は確信しています。我々は失墜したイメージを取り戻すためにも、原点に立ち返りプライドを持って仕事に臨み、もう一度建設業の信頼を勝ち得ていかなければなりません。 我々は、今年度をスタートの年度として5年間に亘る「第7次F90ゼロ災運動5カ年計画」を展開します。私たちの仲間を決して被災者としないことを誓い、労災事故・交通事故ゼロ達成を目指しましょう。安全大会をセレモニーで終わらせるのではなく、来賓の方々にご指導いただき、全員一致の協力のもと新たなスタートとなければなりません。関係者全員の強い意志と行動力で、綿密な工事計画と作業者の立場に立った安全配慮により、何としても無災害で乗り切れるよう、皆さんの一層の努力を重ねてお願い致します。 我々の事業の原点は、全ての作業所、現場であり、本日の大会を一つの契機として、安全と品質、そしてコスト競争力の面でも同業他社に負けない、更に強い現場の実現を目指して、古川組本支店一丸となって全力で取り組んで行くことを確認しあって、挨拶とさせて頂きます。

                                 平成18年7月1日
                                 株式会社古川組
                                 代表取締役 鳥海宣隆

トピックス 静岡労働基準監督署署長
古田敏秀 様
祝辞

トピックス 静岡市市議会議長
石川久雄 様
祝辞

トピックス 取締役会長
鳥海慶壽
90周年を振り返って

トピックス 常務執行役員静岡支店長
古場邦人
F90ゼロ災キックオフ宣言(ゼロ災運動発足30周年)

トップページ